sarahsgarden
sarahs.exblog.jp

ゴールデン・レトリバーのサラとラムとの日常のひとこまをご紹介します。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
検索
その他のジャンル
sarahsgardenのtwitter
ブログジャンル
画像一覧
サラは朝日の中で旅立ちました。
2012年10月12日午前5時50分
サラは、息を引き取りました。
13歳6ヶ月、上皮向性リンパ腫を患って1年11ヶ月でした。

昨日の朝まで、少し歩けて、ごはんも食べて、なんとかお留守番ができそうな様子でしたので、サラをおいて勤めに出ました。

帰宅したら、サラがフロアで立ち上がれず、そのままおしっこと便をしていました。

足ではなく体にに力が入らない様子で震えているので、寝かせて暖めてあげたらおちつきました。
パパが帰ってきたら、とても喜んで動かせない首をわずかに動かし、しっぽを振ります。
ほんとうにうれしそうな瞬間でした。

朝、病院につれていくつもりでしたが、朝方、息づかいが荒くなり、最後は血の混じった胃液を吐いて、苦しそうにパパを見つめながら息をひきとりました。

お薬のせいで、肝炎か胃炎を起こしてしまったのかもしれません。リンパ腫が消化管に浸潤していたのかもしれません。直接の死因はわかりませんが、治療がサラに大きな負担を強いてきたのは確か。

これで良かったのか、ママはまだ心の整理ができませんが、
獣医師に「この病気でここまで生きた犬は初めてですよ。よくがんばりました。」
と言われたことがなんとか救いです。


d0012561_10385897.jpg

親ばかですが、サラはすごく頭のいい犬で、いつも慎重に状況判断をする子でした。
最後もそうでした。
家族が揃っている時に一晩を過ごし、パパ、ママが出かける前に「お仕事の邪魔をしないよ。」とでもいうよう息を引き取りました。寝たきり介護が私たちにはできないことを知っていたのかもしれません。
そして、パパとママがお別れの覚悟ができた時期を見計らって、美しい姿のまま亡くなりました。

メールやツイッターで応援してくださった皆様
このブログを気にしてくださった皆様
皆様の励ましがなければ、折れていたと思います。
心から感謝しています。
ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by sarahsgarden | 2012-10-13 19:30 | 上皮向性リンパ腫