sarahsgarden
sarahs.exblog.jp

ゴールデン・レトリバーのサラとラムとの日常のひとこまをご紹介します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
検索
その他のジャンル
sarahsgardenのtwitter
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:アウトドア( 37 )
春の田沢湖
お天気に誘われて行った田沢湖
雪解け水がたっぷりで、いつもの岩テラスは湖に沈んでおりました。
今日は対岸のボート用のテラスを独り占め。ラッキー♪
だあれもいなかったはずなのに、いつのまにか
ギャラリーが集まり、携帯で写真を撮られていました。
d0012561_6544380.jpg


水は冷たく、まだ桜も咲いていましたよ。
サラ&ラムはまだ泳ぎたくて
カメラ目線をしてくれません。
d0012561_65627100.jpg


おまけの1枚、サラの遊泳中のカメラ目線です。
d0012561_6485199.jpg

[PR]
by sarahsgarden | 2005-05-22 23:50 | アウトドア
ワイルドフラワー
増水で運ばれた菜の花と大根の花の種で
こんな本物のワイルドフラワーガーデンができてました。
川も粋なことをするのね。
夕暮れの子吉川河川敷にて。
d0012561_20251472.jpg

[PR]
by sarahsgarden | 2005-05-15 20:26 | アウトドア
鳥海山 二の滝渓谷
連休前半、セージと庭にへばりついていたので
1日、気晴らしに出かけようと鳥海山へ。
山形県側は、犬連れ入山は秋田ほど厳しくないので気持ちが楽。
今回は、山形側の登山口でもある二の滝渓谷へ
冬季閉鎖と書かれた車止めを避けて(みんな避けて入る。)
車が2台ほどあって、人がいるらしいので、犬はリード付き。

車を降りて歩き始める
山で一番早いブナの新緑の美しさに上げて感嘆
サラ&ラム、私の興奮にどうしたどうしたと大騒ぎ。
d0012561_99146.jpg


ぶなの間から見る山桜
ブナに負けないようにせいいっぱい背伸びしてる。
d0012561_9201161.jpg


轟音の一の滝から少し歩いて迫力の二の滝
ここではサラ&ラム、水浴びをする。
d0012561_924828.jpg


三の滝までの道はちょっと険しく、残雪もあり、人の気配がない
d0012561_92704.jpg


雪の上にカモシカの足跡。隣はサラの足跡
結構サラの足も大きいね。若いカモシカかな。d0012561_9283523.jpg



山を下りた車道沿いに、伏流水のわき出る同胞の滝がある。水くみ人多数。
鳥海山は世界で一番降水量、貯水量が多い山と言われている。
「鳥海山の岳人に水要らず」、水を持たず入山しても困らない
とたとえられるほど水が豊富。
何度来ても、どこからアプローチしても、飽きることのない豊かな山
d0012561_9372155.jpg
[PR]
by sarahsgarden | 2005-05-04 22:04 | アウトドア
一球見送り
お出かけのついでに、雄和のため池で水泳。
でも、ボールを1個しか持っていない。
代わりになるペットボトルもなく、1個のボールを2頭が追いかけることに。
最初はスムーズな入水のサラがの方が、無我夢中でバタバタ泳ぎのラムより早い。
でも、ラムが調子に乗ってくると水上のボールはほとんどラムの口に入ってしまう。
するとサラは、ボールを追いかけるのを一時やめた。
そしてラムが取りに行って戻ってくるころに、静かに水に入り、次のボールを水の中で待つ。
つまり、一球見送って、次のボールへの先手を打つ。ずるいと言えばずるいが、知恵を駆使してなんとかラムに取られる前にボールを確保しようとするサラ。
ラムは、今あるボールや目の前の現象に無我夢中。
サラは、いつも一つ先を読んでいる。

夜、私が寝るのを待って、一緒にベットに入って来るラム。
ベットで寝ていたのに、全員寝室に移動したのを見計らって、食べ物を物色に居間に移動するサラ。
賢いのかとずるいのか。そのどっちも?
d0012561_22282183.jpg

[PR]
by sarahsgarden | 2005-04-27 20:05 | アウトドア
まだこんなことしてる。
天気の良かった土曜日。
庭仕事か山へいくか
少しだけ迷ったけど、やっぱり鳥海山に向かった。
2週間前と同じ、中島台のコース
雪の量は前回とほとんど同じだった。
でも前回よりとっても暖か。

d0012561_084719.jpg




真っ白いドレスの鳥海山も秀麗!
d0012561_0101013.jpg


スキーはノルディック用の軽いスキー、裏にギザギザがあるから登りは楽ちん。
エッジがないから急な下りは苦手です。金属エッジのある競技用やテレマークスキーはワンの足を切ってしまう恐れがあるからワン連れクロカンにはおすすめしません。d0012561_0203567.jpg
d0012561_0211742.jpg


奇木の森で、ランチ&コーヒータイムだよ。私にも~!d0012561_0241068.jpg


d0012561_0454727.jpg

d0012561_0292695.jpg
サラもラムも最後はへばへばです。
往復12キロの山行お疲れ様でした。
[PR]
by sarahsgarden | 2005-04-05 00:15 | アウトドア
乳頭山の43人
秋田は今日も雪が舞っている。
風も冷たくて、春なのに初冬のような感じ。

こんな中、乳頭山で遭難している43
今朝の無事のニュースから、お昼のニュースでは下山しているものと思った。
しかし、また道に迷ってしまったらしい。
南斜面で待機しているらしいが、無事な帰還が待たれる。
春とはいえ1000メートル級の山は真冬。

冬山経験の乏しい人は、お天気が悪ければ絶対入らないのが鉄則。
吹雪や霧になると1メートル先も見えなくなるのだから。
山慣れしすぎて油断していたのかもしれない。
43人のパーティとは多すぎる。
年配の人が多いらしいが、とにかく無事に帰って来て欲しい。

無事岩手県側で保護のニュース良かった。雪中で一晩過ごし、よく全員無事だったと思う。
ひよまず良かった。サッカーも勝ったし、こちらもひとまず良かった。
[PR]
by sarahsgarden | 2005-03-30 12:38 | アウトドア
大雪の年
d0012561_21283430.jpg

今はすっかりなくなったけど、今年は例年より雪が多かった。
秋田では雪の少ない地域だけど、今年は何度も雪寄せをした。
老人二人暮らしの、実家では雪の多さに参っていたみたい。
さらに内陸にいくと、2メートル近い雪で家が押しつぶされたり、
雪に埋もれるような生活になる。ほんとに大変。


d0012561_21292660.jpg
煙突を直そうとして、ハシゴを踏み外し腰の骨折をした父のお見舞い。
窓から動けないジージを見ている。
ジージ大丈夫?


d0012561_21295738.jpg
ちょっと湿った雪だとワンのお腹はこんな感じに・・。
ワックスを塗ると少しは防げるけど、つき始めるとどうしようもないよね。
ラムの方がすごいのだけど、雪玉を許せないのはサラ。
[PR]
by sarahsgarden | 2005-03-26 20:53 | アウトドア