sarahsgarden
sarahs.exblog.jp

ゴールデン・レトリバーのサラとラムとの日常のひとこまをご紹介します。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
検索
人気ジャンル
sarahsgardenのtwitter
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:健康( 6 )
ラム12歳に!
d0012561_14311763.jpg

12歳の記念に健康診断

理想体重より2キロ多いこと、脇腹の脂肪種、軽い白内障。
気になることは少々あるけど、概ね健康。

うちに来た9ヶ月の時は34キロもあった体重を小さな足で抱えられず、ヨチヨチ歩いていた。
太っていたけど筋骨は華奢で、弱々しかったなあ。
d0012561_16183132.jpg
d0012561_16162022.jpg

d0012561_2124467.jpg


でも、やせたらあまりにすばしっこくってびっくり。
病気もせずよくここまで来てくれました。

サラも12歳までは、元気だったなあ。

このままずっといてくれると思ってしまうのだけど
ワンの時間は私たちが思うよりずっと早い。

一時一時を大事にしていかなくちゃね。
[PR]
by sarahsgarden | 2013-05-24 14:11 | 健康
リンパ腫とは関係ない脂肪腫ですが
サラの背中に4~5年前から出ていて卵大にもなっていた脂肪腫が破けました。
(これは悪性のものではありません。)

じゃあということで、病院で取ってしまいました。

なんと麻酔なしで。

痛みを我慢しているのか、じっとしているサラに先生やナースもびっくり。
卵大の中にある4個ほどの腫をグリグリ探して、野戦病院のように切りとっているのはその先生なのですが・・・。

最初は破れて出てきた液体だけ取り除くつもりでしたが、あまりのサラの落ち着きぶりに、いっそ再発しないよう全部とってしまおうということになったのです。

以前、地元の病院で、切除をお願いしたのですが、高齢犬に全身麻酔をかけて切除するのは、リスクが大きいとして放置してしまった脂肪腫でした。

30分もかかったけれども、なんと麻酔なしで取れちゃった。

すごいぞ、サラ おりこう!!!!

d0012561_1721936.jpg

[PR]
by sarahsgarden | 2012-06-28 05:48 | 健康
大正ロマンの橋
毎日病院から眺めた子吉川の景色
大正時代にかけられたという橋が、いろんな表情を見せてくれました。
雪の中で見ると本当に美しい。

そばで見ると狭いし、錆び付いてかなり、老朽化しています。
数年後には近代的で金属的な橋に変わる計画があるようです。

でも、この橋の方が、この街には、合っている。
橋の先には、私の大好きなお酒「雪の茅舎」の醸造元があり、
古いたたずまいが残る場所
裸参りで有名な新山神社もある。
新しくてテカテカしたものは、似合わないと思うんだけどなあ。

このところヘンチクリンな公共構造物が目につく市内
もうちょっと、この土地らしさの「たたずまい」を創れないものかしら

こうした風景は見納めかも~
いよいよ明日退院ですしね。



d0012561_20331777.jpg

[PR]
by sarahsgarden | 2008-01-31 20:25 | 健康
Merry Christmas
d0012561_1910276.jpg

とってもご無沙汰してしまいましが、みなさん クリスマスおめでとう!!
なんちゃって、今年のクリスマスは、病院で迎えることになります。
今日は病院でキャンドルサービスがありました。サンタさんは、私の股関節手術の助手をしてくださったイケメンの研修医の先生です。いいドクターになってくださいね。
でも先生の注射、チョイ痛かった(/_;)
私の方は1月一杯の入院ですがリハビリ頑張ります。
d0012561_1910361.jpg

スタッフからいただいたメッセージ付きのプレゼント♪
ほんとにうれしかったですよん♪
[PR]
by sarahsgarden | 2007-12-21 19:10 | 健康
急性湿疹
ラムのお顔です。
季節になると脇腹に登場する急性湿疹が、今回は顔に。

先生:「泳がせているでしょう」
私:「はい、しょっちゅう」
先生:「乾かしてあげていますか」
私:「すみません。でもきれいなところを選んでます」
先生:「どんなにきれいでも、水泳はいけません」
私「・・・・・・」

小野動物病院の先生は、いつも水泳に反対です。
でも、この程度だと抗生物質とかゆみ止めで一週間で治るので、またきっと出かけます。
水鳥レトリーブ犬の、水泳に変わる最高の遊びはありませんから。
d0012561_1462781.jpg

[PR]
by sarahsgarden | 2007-08-05 14:07 | 健康
認知症
秋田の地方新聞で
全国的に犬の認知症が増えていることが掲載されていた。
特に日本犬にこの病気が多く、理由は犬の食事の欧米化のせいという。
DHAやEPAを含む魚の摂取が少なくなり、肉のフードが中心になっているのが原因とか。

犬も人間もその種を育んだ環境の食べ物が一番会っているということかな。
我が家の洋犬たちにはどうなんだろう。
肉を食べて来た種だから肉がいいのかしら。
でも認知症予防にお魚も時々あげた方がいいかな。
秋田のハタハタはこの不飽和脂肪酸がいわし並に、多いらしい。

昨晩、NHKの人間ドキュメントを見た人はいるでしょうか。
18才になった老犬クーちゃん、20才を超えるナミちゃんなど
認知症になった犬の老後と介護のドキュメントが放映された。
途中から見たので、全部はわからなかったが、
夜泣き、歩行の補助、排泄の世話、目が離せない病気など、
とても私たち共働きにはできないようなことばかりの現実。
でも、いずれやって来るんだよね。

健康そのものだったサラも、極軽いとはいうものの白内症があると診断され、ショック。
ブルーベリーがいいらしい。ブルーベリー入りのおやつを注文した。
今年はブルーベリーの木をたくさん植えようかな。

それにしても将来サラとラムに介護が必要になった時どうするか、セージと話をした。
結論が出なかった・・・・・。

「その前におまえが呆けるな」だって(笑)
[PR]
by sarahsgarden | 2006-02-06 19:39 | 健康