sarahsgarden
sarahs.exblog.jp

ゴールデン・レトリバーのサラとラムとの日常のひとこまをご紹介します。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
検索
その他のジャンル
sarahsgardenのtwitter
ブログジャンル
画像一覧
犬のための芝生づくり
ガーデニングのお話が続きます。
実は、sarahsgardenの最大のウリは、青い花でもバラでもなく、セージが日々管理してくれているこの芝生だと思います。

20年の経験なので少し長いです。芝生に興味のある方にお読みいただければ幸です。

そろそろ芝生の更新時期
わが家には20年前にいただいた工事現場用のノシバ、その後外構工事の度に増やした高麗芝、西洋芝(冬の青い芝を目指してオーバーシーディングに挑戦し、失敗し生き残ったものが雑草化)があります。
土の地面をカバーしようと芝生面積は徐々に増え、面積は60坪ほどになったでしょうか。多くの失敗を重ねてきて芝生管理もベテランになりました。

一番年数の経ったノシバがそろそろ寿命なのか、力がなくなってきました。
ノシバは、目が荒く家庭向きではありませんが、乾燥にも耐え、踏圧に強いため、公園に良く使われます。
わが家でもガーデンテーブル周りや作業スペースなど人の往来の激しいところでよくがんばってくれた芝生です。しかし、数年前から土も硬くなり、周囲の木々の日陰も増えてきてもう限界になりました。
一般に芝生は10年くらいが更新時期と言われています。そこで、5月の連休に久しぶりにこのノシバ7坪24㎡ばかりの貼り替えをしました。
d0012561_15593218.jpg
懐かしい10年前のノシバスペース、犬たちも若い!昔のwebサイトの表紙に使った写真です。


芝生貼りの手順

今回は、日陰にもやや強く、生長が遅くて管理が楽という高麗芝系の「TM9」という品種を通販で選びました。値段は、ホームセンターの高麗芝の3倍でしたが、見たこともないような新鮮で整ったすばらしい苗が鳥取から届きました。しかし・・高い!!


シバをはぎ取り、10センチほど耕起し、堆肥と化成肥料を入れながら平らにならします。
d0012561_1701224.jpg


曲がらないようにテープを張って、芝生を置いていきます。
d0012561_17133653.jpg

貼り終わったら、目土を入れてさらにならし、踏圧をかけて押さえ、たっぷり水をかけます。

芝生は、貼った後にできるだけ早く緑の絨毯にしてしまうとことが、芝生管理のこつだと思います。ここで生育が悪いと、芝生の間から草が生えて雑草に負ける原因になってしまうからです。
①春の一番生育の旺盛な時期に貼る
②隙間なくベタ貼りする
③堆肥を入れて、水を切らさず最初から元気に育てる
まずは、病気にも雑草にも負けない体を作ってもらうことでしょうね。
d0012561_17151992.jpg


1ヶ月半で芝生の絨毯完成
1ヶ月半後6月20日のTM9です。一度軽くカットしています。確かに目が細かく、葉が柔らかいので家庭用にはうってつけです。生長が遅く草丈が伸びないとのことですが、それもそのとおり。でも月一くらいの芝生カットはした方が、きれいになります。日陰にも少しは耐えてくれそうですが、それはこれから。
d0012561_17261142.jpg


芝生の管理はひたすら草取りと芝刈り
芝生を貼るのは実に簡単。確実に1年目はきれいです。
しかし、大変なのはその後。除草剤を使わず雑草に負けないようにするには、労力がかかるもの。

まずは、春の芽吹きの頃の「スズメのカタビラ」。これが一番大変で、この頃の芝生を眺めると毎年の事ながら、お先真っ暗な気持ちになります。これと夏から出現する「メヒシバ」を取り除くことができれば、勝ったようものです。

魚毒性の低い芝生用の除草剤を使う方法もありますが、一番必要とする春先は芝生にも薬害が出やすく、どうしてもその後の生育に影響します。

また直接芝生に皮膚をさらし、脚やボールを舐める犬のためには、やはり除草剤は避けたいですね。そのためわが家では除草方法はひたすら手作業です。そのため4月下旬には、二人で丸2日間は芝生の草を取り続けます。

後は、普通の芝で二週間に一回程度芝刈りをすることで美しさを保つことができます。

犬が芝生をダメにする?
また、犬を飼っていると芝生をダメにしてしまうという話を良く聞きます。
イエロースポット、つまり犬のおしっこの後が枯れて黄色くなり、その繰り返しでダメになってしまうというお話です。

これは、おしっこの後にすぐ水を掛けることで防げます。犬はたいてい同じ場所付近におしっこをしますが、ジョロやペットボトルに水を入れておいて、すぐ水を掛けられるようにしておけば問題ありません。濃いおしっこを薄める感じです。これだとよくおしっこをする場所の方が青々していたりします。

時々、見逃してスポットが現れますが、1ヶ月もしないうちに、芝生が再生するので気にしていません。犬で芝生がダメになるというイメージは、我が家でには全くありません。

むしろ犬のために芝生を育てているようなもの。
犬飼いの方たちにこそ芝生をおすすめします。
脚への負担も軽減しますし、足も汚れず、穴掘りもしなくなり、暮らしやすくなります。

芝生のドックランで駆け回る犬たちを見ているのが至福の時です。

d0012561_2241492.jpg
こちらは普通の高麗芝。15年モノです。
よく見ると草も混じっています。ところどころに剥がれもあります。あまり神経質にならず、“隣の家からは青く見える”だろうくらいでちょうどいいような気がします。
[PR]
by sarahsgarden | 2012-07-19 22:09 | ガーデニング